スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スティング 

2017.6.7
スティング 武道館ライブ
201706071712001.jpg

6時半開始
スティングが出て来て1曲
その後に息子のジョー・サマーがギター1本で「私の歌聞きます」日本語で喋った。
やはり親子で声は似てたかな。もうちょいキーが低い。声量はかなり。身体も大きい。武道館を彼の声だけで充満させた。

前座バンド THE LAST BANDOLEROS
ギター2・ベース1・ドラム1・アコーディオン1編成
ギターとベースのフロント3人全員がヴォーカルを取れる。歌上手かった。
カントリー調に私はスペイン風味かなの曲もあって、こちらもかなり楽しんだ。
アコーディオンが入るのも面白い。

前座2組はそれぞれ20分と事前に情報を得ており、やはりそんな感じでした。
舞台セット入れ替えもあり、前座の後に休憩タイム。

スティングは7時半に出て来た!!
音量に重厚ながっちり感の演奏スタート
息子とバンドから2名がコーラス隊。アコーディオンの彼も途中から演奏に参加。

男だけがステージに立ち、それはそれは匂い立つようなサウンドでした。
新しいアルバムからとポリス時代に映画レオンの主題歌にもなった曲。←私大好きなシャープオブマイハート
全部で20曲はやったかな。アンコールまでノンストップで演奏。

途中から椅子に座り過ぎで尻が痛くて立ち上がりたかったけど、2階席の1番前の席で後ろをちらり振り返るも立つ人は居ない。
一番前の私が立つと後ろも皆立ち上がらなくてはならなく、回りも皆座っている。
アンコール前の演奏が終わって一旦はける時にだけ立ちあがり拍手!!
やっと立てた感じでした。

年齢層はかなり高かった。2階席からアリーナや1階席を見ていたけど、若いかなと思っても30代なのかな。
上は60代ぐらいの友人連れにご夫婦も何組も見かけた。スティングが60代だから同世代からのfanなんだなと羨ましく思った。

前座から始まって3種のタイプの違う演奏を楽しんだ2時間半。
本当に楽しかった。


スポンサーサイト

おそ松EXPO 

池袋パルコで催されてました。
偶然見つけて入ってみようかとなって。入場料は無料でした。
写真は撮影OKのコーナーで。
物販でポストカードとファイルも買い、その写真はまたそのうちにアップ。

原画にイラストを展示。原画はポスターサイズで大きくて見やすかった。イラストは鉛筆なのかな、A4サイズ程で先生のタッチが伝わって来る。そんなには混んでなく偶然に見つけて楽しんできました。
ポストカードには展示されていなかった女子松さんを買いました。

image2 (19)

image1 (51)

image2 (18)

image1 (49)

デヴィッド・ボウイ展 

4月5日
デヴィッド・ボウイ展行ってきました。
1人で3時間近くも楽しみました。でもこれでも足りなかったかな。そんなには混んでなかったけれど、後ろに戻るまでは出来なかった。もう一度見たい画に衣装、映像が沢山過ぎ。
缶バッチを買ったのですが、中に入っていたのは
「DAVID BOWIE IS LOOKING FOR INFORMATION」
私も日々精進しよう。
201704051158000.jpg

201704051420000.jpg

201704051711000.jpg

ミュシャ展に行ってきました。 

六本木の国立美術館までミシャ展に行ってきました。
さほど混雑でもなく、画も大きいのでゆっくり見て回ってきたです。

ミシャに関してはいろんな人が見に行った話や講釈を述べておるので。
私はこれだけを胸に刻む。

赤と白の対比。また同じ色の名前でも幾つの色があるのだろうでして。
白もくすんだ暗さから天から降りて来る光まで、画が大きいのもあり圧巻でした。
横で見てらした方が言ってらしたのですが、画の中に1人は視線が合う人がいる。確かにこちらを見据えた人物画どの画にもおりました。またその目が優しさではなくきつく感情がこもっているのが多く、視線を外すのさえ大変なことでした。

驚きつつ見て回ってですね。
中程まで進んだ処であっ!となる画がありました。

左ハムレット 右ロレン ザッチオ 暴君を暗殺すべく思慮の最中だとか。既視感がふつふつと。

sarahhamlet.jpg  lorenzaccio.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。